ドローン飛行許可申請

航空法において、無人航空機を飛行させる際の基本的なルールが定められております。
ルールに違反した場合には、50 万円以下の罰金(飲酒時の飛行は1年以下の懲役又は30万円以下の罰金)が課されることがあります

 

■飛行ルールの対象となる機体

・200g未満の重量(機体本体の重量とバッテリーの重量の合計)のものを除く
・ドローン(マルチコプター)
・ラジコン機
・農薬散布用ヘリコプター など

 

ドローン機体例

 

■国土交通大臣の許可が必要となる空域

(A)地表又は水面から 150m 以上の高さの空域()
(B)空港周辺の空域
詳細は、航空局ホームページで確認できますが、飛行させようとする場所が区域付近にある場合には、各空港等管理者にお問い合わせください。
(C)人口集中地区の上空

 

飛行禁止空域

 

※屋内や網でおおわれているフットサル場などで飛ばす場合は許可がいりません。

 

国土地理院「地理院地図」で見てみる

(B)空港周辺の空域
緑色の面は、上空での飛行が禁止される制限表面を表します。紫色の面は、上空及びその下の空域での飛行が禁止される進入表面及び転移表面並びに上空の空域で飛行が禁止される空港等の敷地を表します。
なお、この情報には誤差が含まれている場合があります。また空港等の敷地については工事等により変更がある場合がありますので、境界付近等正確な空域については空港等の管理者に確認します。

 

空港周辺の空域

 

(C)人口集中地区の上空
赤く染まっている部分が平成27年の国勢調査の結果による人口集中地区の上空です

 

人口集中地域

 

 

■無人航空機の飛行の方法

 飛行させる場所に関わらず、無人航空機を飛行させる場合には、以下のルールを守っていただく必要があります。

  1. アルコール又は薬物等の影響下で飛行させないこと
  2. 飛行前確認を行うこと
  3. 航空機又は他の無人航空機との衝突を予防するよう飛行させること
  4. 他人に迷惑を及ぼすような方法で飛行させないこと
  5. 日中(日出から日没まで)に飛行させること
  6. 目視(直接肉眼による)範囲内で無人航空機とその周囲を常時監視して飛行させること
  7. 人(第三者)又は物件(第三者の建物、自動車など)との間に30m以上の距離を保って飛行させること
  8. 祭礼、縁日など多数の人が集まる催しの上空で飛行させないこと
  9. 爆発物など危険物を輸送しないこと
  10. 無人航空機から物を投下しないこと

 

地方航空局長の承認が必要な飛行
  • 夜間飛行
  • 目視外飛行
  • 30m未満の飛行
  • イベント上空飛行
  • 危険物輸送
  • 物件投下

地方航空局長承認

 

関係法令及び条例等について

関係法令及び地方公共団体が定める条例等を遵守して飛行する必要があります。
 〇 小型無人機等飛行禁止法(警察庁)
 〇 ドローン等に求められる無線設備(総務省)
 〇 ドローンによる映像撮影等のインターネット上での取り扱い(総務省)
 〇 無人航空機の飛行を制限する条例等

 

 

(参考:国土交通省ホームページ)

お問合せ・お申込みはこちら

お問合せ

お電話やメール、お問合せフォームにてお気軽にお問い合わせください。

電話対応 9:00〜11:00 14:00〜18:30
TEL 0120-897-198
MAIL support@gyousei-net.com

LINEでかんたん申込・問い合わせ

お問合せ

ラインで問合せ、申込が可能です。IDまたはQRコードでご登録ください。
ラインID syoshidaline
QRコード ライン
トップへ戻る